本文へ移動
Makuhari Office
2
2
4
8
8
7
 
 

ストレッカ社

ストレッカ社

ストレッカ社

ストレッカ社(ドイツ・リンバーグ市)

1939年デュッセルドルフ市にてワイヤー用バット溶接機 メーカーとして設立
されました。第二次世界大戦中に連合国 による爆撃をさける為リンバーグ市に
移転。創業以来 ワイヤー用バット溶接機材の専業で、使い易さ、確実な 溶接で
定評があります。鋼線用タイマー式自動焼鈍装置付 バット溶接機・非鉄線用
バット溶接機・セラミック チューブを使った銅(アルミ)熱線用バット溶接機も あり、豊富な ラインナップをほこる。最新の商品は ソーワイヤー用バット溶接機SW-03型を開発しました。


ストレッカ社のホームページ(日本語)

バット溶接機

バット溶接機

バット溶接機
【バット溶接機】

ストレッカ社のバット溶接機は従来のバット 溶接機の様にバネ圧やチャック
間部等の溶接 条件の設定を毎回行う必要がなく、作業を する方の熟練度に
関係なく、均一な溶接が 行えます。 同じ溶接条件の繰り返しができます。 
線径変えによる溶接条件の設定も容易なので 作業性がよく、取扱いがし易い
溶接機です。 
高炭素鋼線材・鉄線・銅線・アルミ線・ 銅合金等のバット溶接が可能です。

高炭素鋼線材の場合、溶接部をプログラム されたタイマーで自動焼鈍を行う
LNV-V20 焼鈍装置も取り付けられます。
(オプション)

バット溶接機 1a_LNV_V20

1a_LNV_V20

バット溶接機 1a_LNV_V20の  操作手順

撚り線用バット溶接機

撚り線用バット溶接機

鋼線用バット溶接機
 【撚り線用バット溶接機】

ストレッカ社の撚り線用バット溶接機は、 硝子・セラミック・グラファイト
のチューブを用いて撚り線のバット溶接を行う バット溶接機です。
従来のバット機の様に バネ圧やチャック間部等の溶接条件の設定を 毎回行う
必要がなく、作業をする方の熟練度 に関係なく、均一な溶接が行えます。
同じ溶接条件の繰り返しができます。チューブの内径以上に溶接部が大きくな
らないので、押出しクロス  ヘッドの ワイヤーガイドを滑らかに通過して溶接部での断線が減少します。 線径変えによる 溶接条件の設定も容易なので作業性が
よく取扱いがし易い溶接機です。

バット溶接機 SE

SE2

銅撚り線用バット溶接機       SE2の操作手順

SE100

銅撚り線用バット溶接機    SE100の操作手順

Strecker社 バット溶接機ラインナップ

1NV型バット溶接機

TOPへ戻る