本文へ移動
Makuhari Office
2
0
5
6
8
3
 
 

Marldon社

Marldon社(英国)

Marldon社(英国)

Marldon社(英国・マンチェスター) 

ローリングトラバースユニット、線径にあわせた オリフィスの調整ができる水切り用エアワイパーや シンプルで扱いやすいタルクマシーン等ユニークな製品を 提供しています。 
製品は、英国の電線メーカーと共同で開発されているので 現場で使い易い構造です。

Marldon社のホームページ(英語)

エアワイパー Marldon(資料請求は最下段にございます)

エアワイパー Marldon

838型 高速モデル
【838型 高速モデル】 

●特長
  • 線径8mm
  • 線速約1000m/分まで可能
  • 高速・大量の液体を少ないエアで排除 

電線製造工程の中でインラインプリンター、 スパークテスタなどで水滴を排除する必要があり、 このために「エアワイプ」を用います。 
マールドン社は各種の電線用インライン装置を 製造しており、「エアワイプ」もその優れた性能で ご好評を頂いております。

エアワイパー Marldon

688 674 685 型 オリフィスモデル
【688 674 685 型  オリフィスモデル】 

●特長
  • 開口(オリフィス)を線径により簡単に調節
  • 騒音が少ない
  • 「こぶ」に自動的に対応
  • 外径2mm-65mm用に3機種 

電線、プラスチックパイプ等の押出し工程中の冷却水を 吹き飛ばす部分に使用します。 

このユニークな2個のホイールを組合せにより、製品の 直径にもっとも適当なトンネル(オリフノス=Orifice) をつくり、最小のエア使用量で最大の効果を上げる ように設計してあり、当然オリフィスが小さければ小さい ほどエアの消費は少なく、騒音も小さくなります。 

オリフィスの大きさは製品径の1.25-2.0倍辺りが最も 効率的とされていますが、実際上は線径の3.0倍くらい まで使用出来ます。 
使用に際し、線径ごとに装置を取替えるような煩雑さは なく、ホイールを線径にあわせ調整するだけです。 線速度はエアにより水滴がどの程度まではじかれるか、 製品径とオリフィスの比等により決定しなければ なりませんが、大体、350m/分と考えてあります。

オリフィス 674型エアワイパー 動画

オリフィス型 調整方法
674型 分解
674型 構造

エアワイパー Marldon

エアワイパー Marldon

115 150 型 ポストモデル
【115 150 型  ポストモデル】 

●特長
  • 「こぶ」に自動的に対応
  • エア噴出スリットを簡単に調節可能
  • ケーブル径によりポストを調節可能
  • 太径用ローラーを設置
  • 外径115mm用と150mm用 2機種 

ポストは真鍮製硬質クロームメッキ製のパイプに長さの 異なるスリットを切った形で、これを開閉可能な2個の アーム上に固定したものです。アーム部はステンレス製 で、ローラーはプラスチック製です。 

線径に応じポストのスリット長さを選び使用します。 
製品コード番号はそれぞれの最大製品径を示します。

エアワイパー 115 150型 動作例

115 150型構造

タルク塗布機

タルク塗布機

KT-2 タルクマシン 
【KT-2 タルクマシン 】 

●特長
  • どの様な粉体をも使用できる。
  • 粉体の乾燥度にあまり左右されない
  • 粉体の回収が連続的に行われる
  • インバーター制御によりフライヤー回転速度が可変できる
  • パウダーリングする電線が密度の高い粉体 のダストを通過する。
  • 粉体が固まりにくい
  • ジェット吹き出し口や制御の難しい装置を使用しない 

電線製造工程で線にチョーク(添霞粉)、 タルク(石灰)またはステアレート等を 添霞加工することは長い間の問題でした。 

KT-2型タルクマシンは、小型・軽量・低価格 タルク塗布機です。

タルクマシン 動作例

お問合せ エアーワイパーの選定に迷ったら

 
TOPへ戻る