本文へ移動
Makuhari Office
2
1
4
2
7
3
 
 

テープフォーマー社の製品紹介

モデル A、B、C、D、E、F、G、H、H PLUS 標準型

A  テープ幅 5mm~ 20mm 
B  テープ幅 21mm~ 35mm 
C  テープ幅 36mm~ 50mm 
D  テープ幅 51mm~ 75mm 
E  テープ幅 76mm~ 99mm 
F  テープ幅 100mm~130mm 
G  フラットエントランス テープ幅 131mm~180mm 
  カーブドエントランス テープ幅 181mm~210mm 
H  フラットエントランス テープ幅 181mm~250mm 
H PLUS  カーブドエントランス 
 テープ幅 251mm~480mm

テープフォーマー テープ入り口形状

フラットエントランステープフォーマー

標準的なフラットエントランステープフォーマー は、テープを平らな状態から丸まった成形形状まで一 貫して整形します。

カーブドエントランステープフォーマー

テープを折り込むのにテープが平らな状態から丸まった形状に するまで十分な長さが足りない場合やテープフォーマーの入口 でテープをカーブした形状で折り込みたい場合にはテープフォー マーの入口がカーブしたテープフォーマーがあります。 
入口がカーブしたテープフォーマーを使用する事は、テープの 最初の形成がテープの送り出しとテープフォーマーの入り口の 間の中空で行われなければいけません。 
この初期成形は、必要に応じてプリフォーマーが必要となる場合 があります。テープを短い距離で強制的に形成させると問題が 生じるため、テープが自然な長さで形成される様にテープの送り 出しとテープフォーマーの入り口の間に十分な距離がある事が 重要です。
 
 

モデルXL-エクストラロング型

エクストラロングテープフォーマーは、テープフォー マーの出口を 押出機クロスヘッド内部の先端に近づけるために開発されました。
クロスヘッド内部の先端に近い出口を持つ理由は、 テープが広がることが許されないためです。
モデルXLは、用途に合わせて製造されています。

ダブルラップテープフォーマー

  • ダブルラップテープフォーマープロファイルEは、1つのプロセスで2つのテープを巻き付けます。
  • 必要に応じて、テープ間にドレインワイヤを挿入することができます。
  • テープ幅5mmから280mmまで可能です。

より大きなテープ幅についてはお問い合わせください。

細線用マイクロテープフォーマー

  • テープ幅 5mm~最大12mm
ケーブル径 0.7mm~3mmまでの細いケーブル用です。
  • テープ幅は、コアケーブル径の2倍を推奨します。

LANツイストケーブル用テープフォーマー

テープフォーマーは、ホルダーに取り付けるように 設計されています。クロージングエグジットを使用して、 ねじれる前に個々のバンチの周りにテ ープをしっかりと 巻きつけます。 

利点:
  • テープの重なり方向を保証します。
  • テープの制御性の向上
  • ケーブルの周囲に密着したテープが形成されます。 
  • 摩擦を大幅に低減 

テープラップの方向アドバイス
  • Z撚り= プロファイルA
  • S撚り= プロファイルX

フリーステープフォーマー

このテープフォーマーは、フリースなどのデリケートな テープ用に設計されています。 

テープフォーマーテープガイド/テンショナー
  • Top PTFEインサートがテープフォーマー全体にわたってテープ形状を維持します。
  • テープフォーマーの長さが長く、より緩やかなテープフォーミングが可能です。
  • このテープフォーマーを製造するには、ケーブルとテープのサンプルが必要です。

ショートテープフォーマー

テープ幅が400mm以上の大きい場合は、ショートテープフォーマーを推奨します。
  • エグジットオプションは、3/4リング出口または、 スプリングエグジットです。
  • 可能なプロファイルは、AまたはXです。

プロファイルSテープフォーマー



  • 一枚のテープの片方の端を折り返します。
  • 通常テープの導電側を接触させ円周を導通させます。
 
 

特殊テープフォーマー



テープフォーマーの特別なデザインを必要とする アプリケーションがあれば、これを開発したり既存の テープフォーマーデザインを複製したりすることができます。 

詳細はお問い合わせください。

米国ビルディングワイヤーテープフォーマー



  • 接地線の周囲に紙テープを形成し次ににコアと接地線を1つのテープフォーマーで形成するために特別に設計されています。
TOPへ戻る