ビトレスアルバート社

ビトレスアルバート社

ビトレスアルバート社

ビトレスアルバート社(ドイツ・ベルリン)
  
ビトレスアルバート社は、1898年創業のドイツの矯正ローラー
(直線機)ガイドロール専門メーカー。
矯正ローラーは(直線機)は、極細線から太線に対応する線径や
矯正する曲り癖に対応する3玉から13玉までの種類がある他、
平板材に対応する機種や線の位置を補正するガイドローラー等線
・ワイヤー、チューブ、に対応する豊富な製品があります。
 
ビトレスアルバート社のホームページ(英語)

矯正ローラー

矯正ローラー

【矯正ローラー】
 
ビトレスアルバート社は、ドイツの矯正ローラー
(直線機)ガイドロール専門メーカーです。
矯正ローラーは、極細線から太線までの線径及び
曲りくせによって3玉から13玉まで種々の線材や
平板材に対応する豊富なラインアップとなっています。

矯正ローラーラインナップ

矯正ローラー動作例

動作例① ER7-1.5型

真鍮線0.9mmを直線機に通している動画をご覧頂けます。

動作例②

フォーミングマシーンに据付られたビトレスアルバート社の矯正ローラーの動作の動画です。 1台のシングルプレーン、縦横に1台ずつのダブルプレーン、多連型矯正ローラーをご覧に頂けます。 

新型RTS・RT矯正ローラー

ビトレス社では、Wire2016に際し新型矯正ローラーRTとRTSシリーズを開発致しました。

新製品RT及びRTSシリーズのコンセプト

1)easy=機能的で現代的な組立とデザイン

2)flexible=オプション部品により簡単に改造

3)smart=煩雑さを軽減

  

新製品RT及びRTSシリーズの直線矯正機は、新材料と新標準品を採用し、全てのローラーを調整可能にした製品です。

RTSシリーズにはクイックリリース機能が装備され、素早く簡単にローラー部を開閉する事が可能。RTシリーズには、この機能はございません。

線径は0.1から9.0まで対応し、ローラー数5若しくは7。ユーザーの様々なニーズに対応する連結ブラケットにより最適な組付けを実現。 VW-1からVW-8まで8つのパターンに分類しています。

 

連結方向

矯正ローラーの性能を十分に発揮する様に、一番大きなワイヤーの曲り癖を矯正する為に縦横の矯正ローラーを使用するのが基本です。 矯正ローラー縦横の組み合わせは動画にある様な8種類の組み合わせがあります。一般的にリールに巻かれたワイヤーには、リールの胴円周状の巻き癖と鍔の幅方向の2方向に巻き癖があります。これを効果的に矯正するために、まず円周状の巻き癖、その後に幅方向の巻き癖を矯正します。ビトレス社では、動画にある様にVW-1からVW-8まで8つのパターンに分類しています。
 
動画順に線が右から左に走行する場合、
 
 VW-1   リールは縦置き。線の繰り出しは時計廻り。
 VW-4   リールは横置き。線の繰り出しは反時計廻り。
 VW-6   リールは横置き。線の繰り出しは時計廻り。
 VW-7   リールは横置き。線の繰り出しは反時計廻り。
 
動画順に線が左から右に走行する場合、
 
 VW-2   リールは縦置き。線の繰り出しは反時計廻り。
 VW-3   リールは横置き。線の繰り出しは時計廻り。
 VW-5   リールは横置き。線の繰り出しは反時計廻り。
 VW-8   リールは縦置き。線の繰り出しは時計廻り。